1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RPG

姉「今流行のドラクエを買ってきたよー」
妹「おおー、9?」
姉「ううん、5」
俺「しかもPS2版か」
妹「なんかうちらがRPGやるのって久々じゃない?」
姉「確かにこういうコマンド式のRPGは久しぶりね」
俺「最後に買ったのって何だっけ?」
姉「多分FF9だと思う」
妹「ああ、あれ私結構好きだったよ。氷の洞窟までたどり着けなかったけど」
姉「え……?」
俺「氷の洞窟って迷うほど難しい所にあったっけ?」
妹「あるよ。だって私のセーブデータは未だに氷の洞窟前だもん」
俺「いや、そんな胸張って答えられても……」
スポンサーサイト

タグ : 会話

驚愕

先日注文した大復活DVDが届きました。
まだ全部見ていませんが、あまりのレベルの高さに驚愕しました。
そして、ブックレットが凄い充実してますね。
システムの解説から、バックストーリーまで丁寧に作りこまれていて、これだけでも買ってよかった、と思います。


話は変わりますが、最近兄から

兄「アラビックヤマトの中にスズメバチ入れといたら琥珀っぽくなるかな?」

という相談を受けたのですが、兄は一体何をするつもりなんでしょうね。
兄は昔一度スズメバチに刺されているから、スズメバチには近寄らない方がいいと思うのですが。
しかも、その刺されたときの状況が、木箱の中に巣を作った蜂を退治するために、バトミントンのラケットで木箱から一匹ずつ出てきたところを迎撃していたら返り討ちに遭った。
というクソ馬鹿馬鹿しい状況で。何やってんだよ本当に。
兄「テニスラケットなら面が広いから撃ち漏らさなかったはず」
とか言ってましたが、そういう問題じゃない。
一応止めておきましたが、心配です。

タグ : 雑記

正露丸

姉「犬に正露丸嗅がせてみたくない?」
俺「お前は何を言っているんだ」
妹「分かってたけど、お姉ちゃんって発想が鬼畜だよね」
姉「口の悪い弟と妹を持ってお姉ちゃんは悲しい」
俺「俺はこんな姉を持って悲しい」
妹「正露丸を嗅がせてどうしたいの?」
姉「どう反応するのか気になる」

タグ : 会話

妹「前から気になってたんだけどさ、ゆうちゃんの部屋にある羽って何?」
俺「ああ、あれは孔雀の羽」
姉「融合すればガルーダになれるんだ!」
妹「はいはいクジャククジャク」
姉「あー(妹)に、あしらわれた……、だと……?」
妹「で、何でそんなものがあるの?」
俺「昔拾った」
姉「なん……、だと……?」
俺「それ気に入ったの?」
姉「それなりに」

タグ : 会話

一年

気がついたら、今日でこのblogを開設してから一年が経過していました。
いつも見に来てくださっている方はありがとうございます。
コメントしてくれる方もありがとうございます。励みになります。
開設時のことを思い返してみると、完全にその場のノリで作ってしまい、一晩寝て起きて冷静になり「えらいもん始めてしまった」と、思ったりもしました。
が、後悔はしていません。
これからも細々と続けていく予定ですので、どうぞよろしくお願いします。


――――― チルノの裏 ―――――

一年前のログ漁ってたら一年でちょうど200crm進んでいる事に気がついた。
チル裏……恐ろしい子!

――――― チルノの裏 ―――――

タグ : 雑記

99%

妹「ねえ」
俺「うん?」
妹「冷蔵庫の中からカカオ99%が三枚も出てきたんだけど、どうしよう」
俺「何でそんなもんがあるんだよ」
妹「知らないよ、私が買ってきたわけじゃないし」
俺「まあ、こんなもんを買ってくるのは兄貴だろうな」
妹「そうだね。トラブルは全部お兄ちゃんの所為にしとこう」
俺「で、どうするよコレ」
妹「見なかったことにしよう」

タグ : 会話

きのこたけのこ

妹「ゆうちゃん、そ、それはもしや……」
俺「ああ、たけのこの里だ……!」
妹「そんなっ!きのこを、きのこの山を裏切るというの!?」
俺「仕方なかったんだ、わかってくれ」
妹「聞きたくないっ!聞きたくないよ!」
俺「他に選択肢がなかった、これしかなかったんだ!」
妹「なんてことを、なんてことを……」


オマケ
姉「『きくらげの沼』って新製品を思いついたんだけど、どうよ?」

タグ : 会話

お盆

今日は夏コミ二日目と、ケイブ祭りでした。参加した方はお疲れ様です。お目当てのものは買えましたか?
俺は家族で墓参りに行ってきたので、どちらにも行けませんでしたが、友人が夏コミに行ってきました。
曰く「(今まで参加した中で)過去最大級の酷さ」だったらしいのですが、どれくらい酷かったんだろう。
明日も参加される方は、どうぞ熱中症等に注意して下さい。

ところでガルⅡが移植するって聞いたのですが、本当ですか?

タグ : 雑記

占い

妹「占いって何となく気になるよね」
兄「まあ、何となく気にはなるね」
俺「朝の占いとか三分したら忘れるけどね」
姉「というか一々そんなの気にしてられないし」
妹「まあそうだけどね」
姉「あ、でも手相だけは一回みてもらいたい」
兄「手相は俺もみてもらいたい」
俺「どれがどの線かわかんないしね」
兄「急に思い出したんだけど、オマケで占いがあるゲームあったよね」
妹「あったね、何だっけ?」
姉「ときめきアイン占いじゃない?」
兄「ああ、それだ!」

タグ : 会話

兄の帰館

兄「ただいまー」
俺「おかえりー」
妹「おかえりー、道路混んでた?」
兄「渋滞に嵌ったし、まあ、それなりに」
姉「アタシらはそのころエアコンの効いた部屋でアイス食べてたけど」
俺「快適でした」
兄「何で家に帰ってきて早々喧嘩売られなくちゃいけないんだ」
妹「我が家らしいでしょ?」
兄「まあね」

続きを読む »

タグ : 会話

地震

姉「そういえば、今朝の地震って震度どれくらいだったの?」
俺「ここは5弱だって」
姉「え、あれで5弱?3か4くらいだと思った」
俺「やっぱあれ4くらいな気がするよね」
妹「うん、私も地震よりも雷の方が怖かった」
俺「こいつ雷にビビって悲鳴上げながら丸くなってた」
妹「だって雷怖いんだもん」
姉「何だ、私も起きてくればよかったかな」
俺「家族の中でリビングに来なかったの、あなただけですよ」
姉「行こうと思ったけど、眠気には勝てなかったのよ」
妹「なんて胆の据わった人なんだ」
俺「さすがにお姉さまは格が違った」

タグ : 会話

洪水対策

俺「何探してるの?」
妹「浮き輪」
俺「明日は台風だから海にもプールにも行けないと思うぞ」
妹「いやいや、そんなとこに行く気は無いよ」
俺「じゃあ何で」
妹「洪水になっても、浮き輪があれば大丈夫」

タグ : 会話

ドイツ語

妹「ドイツ語ってカッコイイよね」
俺「ああ、確かにカッコイイな」
姉「クーゲルシュライバーとかね」
妹「何そのクーほにゃらら」
姉「ボールペン」
妹「カッコイイ!」
俺「インクだけじゃなくてミサイルとか撃ってきそう」
姉「それグロウスクイードじゃない?」

タグ : 会話

風鈴

俺「何やってるの?」
妹「軒先に吊るした風鈴が鳴らない」
俺「風が吹いてないからね」
妹「つまんないよー、鳴るのを楽しみに吊るしたのに」
俺「そのうち吹くからゆっくり待ってなさい」
妹「むむむ」



俺「あれ、風吹いてるのに風鈴が鳴ってない」
妹「うるさいから外した」

続きを読む »

タグ : 会話 雑記 怒首領蜂大復活

俺「暑いね」
妹「蝉がみんみんみー、って鳴いてるね」
俺「蝉の鳴声っていいよね」
妹「蝉の鳴声はいいけど、蝉自体は嫌い」
俺「何で?」
妹「五歳くらいのとき、生きた蝉持ったお姉ちゃんに追い掛け回されたことがあるから」
俺「そんなこともあったっけ」
妹「それ以来蝉が怖くて」

タグ : 会話

線香花火大復活

妹「夏といったら?」
姉「花火だね」
妹「え?」
姉「と、いうわけで花火です。花火をやろう!」
妹「ねえ、ちょっと」
姉「去年の線香花火が余ってるから、一気に片付けるよ」
俺「まだ残ってたのかアレ」
妹「私の話も聞いてよ、もう!」



姉「よかった、湿気てなくて」
俺「去年何本買ってきたの?」
姉「160本くらい?」
俺「買いすぎだよ」

タグ : 会話

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。